読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェパウゼをあなたと

コーヒー片手に語らいを!わたしと、みんなと、そしてあなた自身の過去・未来と。

新章突入

人は皆「人生」という書物の執筆者、だという。それならば、私の「人生」は、おそらく9月末から今日の間に、新章に突入しつつある。今日は、新章の導入部の最後の日。6年間一緒に暮らしてきた夫が、海外に旅立つのだ。わたしにとっても、初めての一人暮らしということになる。

海外に住むということに比べれば、今まで二人で住んできた家に一人で残り続けることなんて造作もない。夫のほうが明らかに大変だ。それはわかっている。しかし、親元を離れるとき、結局は親の庇護から夫(当時はまだ彼氏だったな)の庇護に転がり込んだだけだった私にとって、一人で暮らすということはとても大きな事に思える。

「人生」という書物を書き始めて29年間、ずっとそばに誰かがいた。けれど、この先すくなくとも1年、ひょっとしたら5年くらいはそうではないのだ。


ひとり暮らしという甘美な響き。20歳の頃は、一人暮らしゆえに終電を気にしなくても良い友人が羨ましくみえた。しかしどうだろう、今感じる、この言いようのない不安は。

おそらく、まだ真の意味で自立も自律もしていないからだろう。そばに暮らす両親や夫は、自然と私のペースメイカーであり、散らかしがちな私の監視役であった。忙しくて多少生活が荒れ気味になっても、決まった人と一緒にとる食事は、精神安定剤の役目をはたしてくれていた。それが、しばらくの間はない。

もちろん、20歳の私が憧れたように、これからは「今日かなり忙しいけど、どのタイミングで一緒にご飯たべようか」「遅くなったから連絡しなきゃ」と気に病む必要がなくなる。スケジュールの自由度が格段にあがるのだ。やりたいことが山ほどある状況において、こんなにすばらしいことはない。事実、今日から1週間の予定はカラフルでびっしり詰まっている。私的な研究会を立ち上げたり、新しい習い事を始めたり(まあ、20代のうちにとっておくべき資格だ)、慕っているのにまだお会いしていない方に会ったりと、やりたい放題である。仕事でも先週末から新しいプロジェクトが始まって、はじめてメインで動かすことになったから、自分のペースと責任でどんどん進めなくてはいけない。また、はじめて「人に教える」ことでお金をいただく仕事もある。一人で長い論文を書いていた9月下旬とは大きく異なる状況になる。色々な人と絡み、自分の価値を発揮して高めていくことになるだろう。

けれど、もっとも大きな課題は、自律と内省にあてる時間をどれだけ増やし、充実させるか、だ。
一日の振り返り・・・そばにいてくれる人が居るうちは、食事の時間に「今日こんな事があったよ」と語りかけることで自然に出来ていたこと。それを、一人でやるのは難しい。苦手な家事だって、一緒に別の家事をする夫がそばに居たからこそ、なんとかやっていたのだ。自律と内省無きままやりたいことをやり続ければ、きっとどこかで壊れてしまう。

・・・まあ、こんなことを書いていても仕方がない。今回、たまたま海外赴任するのは夫だけれど、この時期にこうなることは自分のことでも予測がついていたじゃないか。少し早まって、よりやりやすくなっただけだ。同じ街に住み続けるのだし、隣近所とも既につきあいがある。なじみの店もある。夫と共に暮らし始めた6年前に予想していたよりもずっと、街に見守られた状態で一人暮らしを始めることができるのだから、そこまで恐れなくてよいはずだ。

また、今年の4月からは、急激に仲間が増えた。10月になってからはもう爆発的に。これは、もう6年前の自分には想像もつかなかった。オンラインとオフラインをまぜこむことで、こんなにも多様な価値観に触れることができるのか。もちろん、6年前もブログをやめた直後だったから、体感的にはわかっていただろう。しかし、ここまで進むとは思っていなかった。

あと1時間もすれば、夫を起こして最後の確認をして、見送りのために成田空港までついて行く。夫の飛行機が日本の地面をはなれたとき、私にとっての「新章突入」は完了する。午後には、親友も参加し、4月以降に仲間と呼びたくなるほどお世話になっている皆さんと、また新たな価値を生み出しにいこう。ちょうど同じ時期に新章に突入したらしい、@さんの姿を見届け、そして共にエキサイティングな時間を作ろう。

こんな具合で

こんな具合で新章に突入します。今日の記事は

新章突入!次なるプロジェクトへ « 純コミックス」をリスペクトしてお送りしました。@さんだけでなく、東京ライフハック研究会にご参加の皆様、そして明日以降、私的な研究会やグループの立ち上げに参加していただく皆さん、食事の約束で私と二人きりでお会いする皆さん、こういう事情でややセンチメンタルになっていますがご容赦ください。
それでは、夫とのカフェパウゼのために、お湯を沸かそうと思います。皆さんもよいカフェパウゼを。