読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カフェパウゼをあなたと

コーヒー片手に語らいを!わたしと、みんなと、そしてあなた自身の過去・未来と。

ほぼ日オリジナルと別冊週間の2冊持ちで予実管理しよう #techo #bungu

手帳術 文具 研究ハック


あけましておめでとうございます。昨年最後のエントリーと同じ写真ですが、今回は手帳の機能面に着目してご紹介します。

昨年の手帳:ほぼ日手帳カズンwithジェットストリーム4+1

昨年の手帳はむかって左側のマスタード色のほぼ日カズン。ジェットストリームというブランドの4色ボールペン+シャーペンをさしています。これで、カラフルなデイリーページを書いていたんです。その一例については以下のエントリをどうぞ。
半年間ログが溜まった手帳と旅に出る。 - カフェパウゼをあなたと
このカラフルさは、4色ボールペンイラストの本に出会ったことがきっかけでした。

毎日がもっと楽しくなる! 4色ボールペンでかんたん!かわいい手帳イラスト

毎日がもっと楽しくなる! 4色ボールペンでかんたん!かわいい手帳イラスト


良い本です。

ちなみに、ウイークリーページは、時間の使い方の予定を組み立てるために使っていました。
そちらのちょっとした応用例についてはこちらのエントリをどうぞ。
付箋とほぼ日手帳カズンで「アナログタスクシュート」をやってみよう - カフェパウゼをあなたと

最大の弱点:大きい、重たい

ほぼ満足していた運用方法。しかし、最大の問題は、大きくて重いこと。A5サイズなので、ずっしりしています。そこで、冒頭にあるとおり、オリジナルサイズに変えました。

今年の手帳:ほぼ日手帳オリジナル+別冊週間手帳with・・・

週間がないなら追加すれば良いじゃない

前回、オリジナルにしなかった理由は、週間バーチカル欄がないこと。しかし、買ってしまった後で、ほぼ日公式で、別冊の週間手帳を出している事に気がつきました。
ほぼ日手帳2013 - ほぼ日の週間手帳 - ほぼ日刊イトイ新聞
しかも、400円。お手頃。
そこで、今回はオリジナルの後ろに、週間手帳を挟み込むことにしました。

公式発行だけあって、うしろにぴったりです。

2冊にして良かったこと:予実管理ができるよ

2冊にしてよかったことはこれだけではありません。
私の使い方はこうなっています。

月間ブロック欄:アポや〆切など、対外的な予定(一般的なスケジュール帳)
週間バーチカル:自分で時間の「予約」をして、予定管理
日間デイリー:その日の実際の時間の使い方+日記

いままで一冊だったので読みにくかったのです。
しかし、これからはちがいます。

予定を立てるとき:月間ブロック+週間バーチカル
その日の振り返りをするとき:週間バーチカル+日間デイリー

並べて見るようにすれば楽ちんです。
ほら、こんな感じ。

困ったこと:厚みが出てしまって5色ペンが刺さらない

しかし一つ問題が。週間手帳を挟み込んだ分だけ厚みが出てしまって、バタフライストッパーに今までのペンが刺さらない。しかし、4色ペンはジェットストリームでは発売されていない。苦渋の策。3色ペン+1色でいこう。

ジェットストリームの3colorsと、フリクションボールスリムの緑を挟み込むことでなんとかなりました。

持ち歩ける手帳っていいね(当たり前だけど)

これで、いつも持ち歩いているポシェットに収まる手帳になりました。また、緑はフリクションなのでFixじゃない予定はこれで書き込めば良いし、なかなか良い組み合わせです。
手帳周りの文具は日々進化しています。あなたの今年の組み合わせはなんですか。
それではお気に入りの手帳とともに、よいカフェパウゼを。